2007年06月05日

阿寒湖のマリモ、その貴重たる所以とは?

日本でもっとも頻繁に目撃される天然記念物(?)

それはおそらく、マリモでしょう。

皆さん、一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?

「天然記念物のマリモなのに
なんでキーホルダーやなんかになって
みやげ物やで安価で売ってるの?」


ええ、
ええ。
そのとおり。

ここで問題なのは「安価で」なんぞではありません。
そもそも論、天然記念物を売ること自体、もってのほかですよね?

たとえるならば、
オジロワシの幼鳥がペットショップに売っていたり
ミヤコタナゴが瓶詰めでスーパーに並んでいたりするようなモンです。

しかし、このマリモキーホルダー、
ジツはちょっとしたカラクリが、あるのです。

天然記念物に指定されているのは、
阿寒湖の」マリモであり、
そのほかの湖で見られるマリモは
天然記念物ではないんです。

阿寒湖のマリモは、
ほぼ完璧な球体になることで知られており、
他の湖ではほとんど見られない貴重な藻類。

その美しさ、貴重さゆえに、
わが国の天然記念物に指定されている、と。
そういったわけなんだとか。

そう、察しの良い方ならすでにお気づきでしょう。
あのキーホルダーは、
阿寒湖で採れたマリモではなく、
別の湖のマリモを粉状に砕き、人工的に丸くしたてたモノ。

決して、天然記念物の密猟者が居るなどと
アウトローな理由ではないそうです。

さて、壮大な?
前置きがありましたが、
とどのつまり今日の記事は、

阿寒湖のマリモは素晴らしい
そして、
そんなマリモを育む阿寒湖の環境は、さらに素晴らしい

そんな、阿寒湖賛歌なのでした。

お後が宜しいようで・・・。

ラムネット編集委員会 マリモの謎解明係 Y介
posted by ラムネット編集委員会 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。