2007年06月15日

地球環境のサンプル的湿原。

ノアの方舟」か、「バイオスフェア2」か・・・。

根室半島にある登録湿地、風蓮湖・春国岱を想うとき、
決まって思い出すのは、これらの単語。

ノアの方舟は
神の怒りの洪水から逃れるため、全ての動物のつがいを乗せて
世界の再創出を図る家族の物語。

一方、バイオスフェア2は
ドーム状の研究所の中に
地球上のあらゆる自然環境を再現。
外界から遮断され、全てが循環する閉鎖空間での人間の生活実験を行っていた
アメリカの研究施設。

両者に共通することは、
地球の生態系を全て搭載した、「地球のサンプル」という側面。

実は風蓮湖・春国岱も(大げさに言えば)
そんな地球のサンプル的存在と言えるそうです。

この登録湿地は、
針葉樹林・広葉樹林・草原・湿原・塩湿地・干潟・湖沼・川といった
北海道の代表的な自然環境が全てつまった
奇跡の島と言われているとか。

多様な表情を持つ風蓮湖・春国岱だけに、
生息する生き物たちも様々。
豊かな生態系が維持された
魔法の島ということができるんじゃあ、ないでしょうか?

おぉ、おぉ、
なんと神秘的な島であることか。
私、Y介の
訪れてみたい登録湿地の上位3位以内にランクインする湿原です。

こいつぁ、自腹を切ってでも
見ておく価値アリ。

そんな貴重な環境なのでした。
(同地の回し者ではありませんよ、一応(笑い )

ラムネット編集委員会 「ノアの方舟」調査係 Y介


posted by ラムネット編集委員会 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。