2007年08月14日

空からみつけた大自然

日の目を見ない・・・。

とは、しばしば悪い意味で使われる言葉、ですね。
しかし、「環境世紀」といわれる今の時代、
「日の目を見ない」のも、悪くない。
そんな気もしてきます。

DSC06869.JPG


厚岸湖・別寒牛湿原は、
良い意味で、日の目を見なかった登録湿地。

霧多布湿原や、釧路湿原の陰に隠れ、
開発の手を逃れ続けたこの湿原には、
日本有数の原生自然が遺されているそうです。

なんと、
日本の主要な河川の中では
もっとも人工工作物の少ないんだとか!

DSC09198.JPG

1989年(オレ、5歳!!)
はるか空の上、大気圏の向こう、
人工衛星からの写真によって発見された高層湿原が
ほとんど手付かずの状態で発見されたそうです。

あぁ、なんというロマン。
見つけた瞬間に、立ち会ってみたかった〜。

ひょっとすると、世界には、
いや、日本にも、
未発見の大自然が遺されているのかもしれません。

それらの大自然を、
発見する前に、破壊する事のないよう、
環境に配慮して生活していきたいモンですなぁ。

ラムネット編集委員会 地球のロマン探訪係 Y介

posted by ラムネット編集委員会 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。