2008年09月25日

はじめまして。。

はじめまして。ラムネット編集委員会のhinaと申します。
勉強しつつラムネットを盛り上げていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

ところで皆さんは海外旅行はお好きですか?
もう夏休みの時期は過ぎてしまいましたが、どこか行かれた方もいらっしゃるのでしょうね。なんとうらやましい。。
異文化を目の当たりにすることは本当にとても貴重な体験になりますよね。
空気や水、食べ物、建築、言葉、空の色。。。
日常から離れて自分自身もいつもと違うような、何か新鮮な気持ちになったりします。

というわけで。。今回は海外のラムサール条約登録湿地にも目を向けてみたいと思います。
当然のことながらラムサール条約登録湿地は日本だけではありません。
世界中には1771の登録湿地が存在しています。
中東やアジア、ヨーロッパ・・・世界各地に貴重な水辺が存在しているのです。

その中でやはり群を抜いて登録湿地数が多かったのはイギリスです。
なんとイギリス国内の登録湿地数は166にもなるのです!
年中雨が降っていて、かなり湿度の高いイメージがありますよね。うーん、納得。。

そしてお次は・・メキシコ。??こちらは乾燥していてあまり水辺のイメージがありませんよね。どちらかというと砂漠、サボテン。。
しかし、100に近い数の湿地が登録されています。あなどれませんねぇ。。


このように気候や地域が全然違うところでも水鳥が飛来してくるという理由でつながったりするのですね。なんて素敵なこと。
このラムネットもいずれは国内だけでなく、世界の登録湿地とつながっていけたら。。と思います。如何に???

それでは本日はこのへんで。。
posted by ラムネット編集委員会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。