2007年03月15日

尾瀬と友人と東京電力

こんばんわ。
ラムネット編集委員会Y介です。
 
実は私、大学では環境系の研究室に所属していました。
それが高じて、「ラムサール条約応援サイト」という
環境保全条約に係わる仕事につくことができているわけですが
同じ釜の飯を食った学友たちも、各地で活躍しているようです。
 
今回の仕事で、全国のラムサール湿地を調べているうちに
驚きの再会がありました。
 
なんと、同じ研究室の友人が
尾瀬のアクティブレンジャーになっていたのです!!
 
涙の別れ、卒業式からおよそ1年・・・。 
まさか、こんな形で再開しようなどと
誰が想像できたでしょう?
 
しかし、これは嬉しい想定外。
友人であれば話も早い。
 
早速、今度取材に伺う約束を取り付けましたよ〜。
もちろん、尾瀬はGWまでは閉鎖されているので今すぐに、というわけには行きませんが、
今からとても楽しみです。
 
しかもその友人、東京電力の広報担当の方とも顔見知りらしいんです。
東京電力といえば、尾瀬の土地を保有し、環境貢献活動を行っていることで有名。
東京電力のHPへ行けば、「竹内純子と歩く尾瀬」なるブログも公開されています。
 
一度、お話してみたいものですなぁ・・・。 
 
学生時代の友人と、仕事という形でつながれるかもしれない。
考えただけで、なんだかワクワクしてきます。
 
人の縁は、大切ね。
今日の日記は、そんなお話でした。
 
ラムネット編集委員会 湿地の輪拡大係 Y介
posted by ラムネット編集委員会 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。