2007年09月14日

小さな力が、国を動かす。

積極的な市民参加。

最近、
「自然保護活動に必要なのは
 まさにこの一言に尽きるのではないだろうか」
などと、考えております。

まぁ、いくつかのラムサール湿地を取材し、
現地のNPOの話を聞いて、おぼろげに感じている程度なのですが・・・。

しかし感じるんですよね、現地に行くと。
自然保護活動が活発に行われている地域は
どうも市民のモチベーションが高いようだなぁ、と。

ひとにぎりの市民が、地元の自然の大切さに気付き、
ひっそりとはじまった(あるいは数人で呼びかけあいながらはじまった)
ちいさな活動が、年数を重ねるごとに
参加者が増え、活動が大きくなり、
その事実が話題を呼び、一層の参加者増につながっていく・・・。

はじめは難しいでしょう。
問題も、やらねばならないことも、
山積みでしょう。

それでも、彼らが相手にしているのは
大いなる大自然。
1年2年で結果を求めるのは事を急いていますよね。

ゆっくりと、それでいて、確実に。
前へ進んでいく事が大事なのかもしれませんね。

ところで、
千葉県習志野市にある谷津干潟でも
積極的な市民活動が行われているそうです。

ラムサール湿地指定を受ける以前から続いてきた市民活動は
谷津干潟を自然観察地として屈指の人気スポットへと成長させました。

93年の指定を受け、翌年には完成した充実の自然観察センターが完成し、
そこを拠点とした様々な市民参加型の活動が催されているそうです。

もちろん、このような大規模な活動は
個人レベルでは不可能かもしれません。
この例はおそらく、行政の積極的な支援があってこその成功でしょう。

しかし、行政を動かしたのは
市民の意志、市民の力です。

高まる自然保護へのニーズに対し、
行政も「町のためになる」と思い腰?をあげたのでしょう。

何事にも、はじめの一歩がある。
目指す道の果てを見据えてしまうと、
あまりの遠さにめまいがするかもしれません。

しかし、一歩一歩、確実に歩んでいけば
必ず成功する。

そんなことを、谷津干潟の盛り上がりに学ぶ事が出来ました。

ラムネット編集委員会 市民活動推奨係 Y介

posted by ラムネット編集委員会 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55374332

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。